So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

伊勢原の病院へ [リリア]


2013年 10月

image1.JPG

移動が 1時間くらいかかるので、ブルブル小刻みに震えているリリアを連れていくのは
かわいそうではあったけど、しょうがないので…
なるべく急いで病院へ。

到着すると待ってました!
とばかりに、早速対応してくれて、すぐCT撮影へ。

グレード4の、T13 左側に脊椎ヘルニア確認。
脊椎は4つの部分に分けられて、27個連なってるそう。

image2.JPG

こんなかんじ?

C1-C5, C6-T2, T3-L3, L4-S3
C Cervical 頚部
T Thoracic 胸椎
L Lumbar 腰椎
S Sacral 仙椎

左側にできたので、後ろ左足から感覚がなくなったようです。

脳脊髄液が脊髄を流れているが、せき止められてまったく流れていない
わけではなく、まだ少しは流れている状態。

椎骨と椎骨の間のクッションである、スポンジ状の物質でできてる軟骨の
中央にある髄核が、線維輪を破って外に出ちゃった状態ってことかな…
(イラストの繊維は漢字間違ってます(><;)

image3.JPG

CTで確定しているが MRI をするかどうかは選択できるそう。
マイクロチップが首あたりに入っているけど、大学の MRI とは磁場?が違うので
大丈夫とのこと。
マイクロチップの種類によっては、金属が熱を持ったり、アーチファクトの差があって
その周囲が写らない場合もあるらしい。

あとは、進行性脊髄軟化症になってしまうと、72時間で広がって
進行してしまい、手の施しようがなくなることもある説明を受けて
翌日手術してもらうことにしました。

進行性脊髄軟化症は、ヘルニア発症3日以内に神経学的グレード5に
なった場合の 20%が移行する症状だそうです。
リリアは進行がはやかったので、すごく心配でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0